株主優待で一番いい株とはどれか?

株主優待は、株への投資を考えている人にとって大きなメリットの一つです。株を投資する場合、その利益をどこに見込むか、というのは時に大きな問題となりえます。銘柄によって、売買益を見込むのか、長期保有による株主配当を見込むのか、はたまた株主優待を見込むのか。これらは、それぞれの企業によって設定されているされていないも含めて実にさまざまで、素人では検討するだけでも膨大な時間がかかってしまう、というのが現実でしょう。株主優待と一口に言っても、その優待内容は多岐にわたります。大きな分類として、飲料メーカーや食料品メーカーに多いのが自社製品のギフト、詰め合わせなど。その他クオカードなどの金券類、自社グループなどの施設で使うことのできる割引券、商品券などでしょうか。優待内容の良し悪しを検討するというのはもちろんのことで、配当利回りと合わせた利回りを計算したり表示してくれるインターネットサイトも多くあります。しかしながら、優待において「いい株」とは、値上がり、値下がりリスクが少なく、かつ優待内容の改悪や中止がないという条件をクリアする必要があり、この条件をクリアできる株はけして多くないと言えるでしょう。優待内容が非常に魅力的であっても、それを手に入れるための投資金額が膨大であれば手は出しづらいですし、その状態で購入した株が購入後に値下がりしてしまえば、優待を得ても全体の利回りで損をするということにもなりかねません。購入に際しては、優待のみにとらわれず他の要素をしっかりと検討して、リスクを受け入れた上で投資に踏み切るという覚悟が必要になるでしょう。後悔のないよう、しっかりとした下調べの後に購入に至りたいものです。
<有力・急騰・仕手株情報 優良投資顧問ランキングネット>
オススメ投資顧問会社はこちら
<おすすめの株主優待情報>
株主優待
<株のブログならここが更新頻度高いです>
いま読むべき株ブログを厳選

ページトップへ