ブイキューブ株価と株主優待、節税対策になる中小企業共済

株式を購入するには、倒産リスクの少ない、安定した銘柄を購入するのが、初心者にはおすすめです。安定した銘柄が揃っているところとして、東証一部上場企業の銘柄を選ぶという手段が一つにあります。東証一部に上場するには、厳しい基準が設定されていますので、ある程度の実績を持つ企業でないと、上場できません。必ずしもリスクが少なくすむ保証はありませんが、このような考え方も投資を行う上では必要なことです。
東証一部企業のブイキューブ株価は2015年9月の時点で、約2400円です。単元株数は100株で、最低購入代金は24万円前後かかる計算になります。ブイキューブ株価の動向を確認するには、各銘柄の株価を公開している情報サイトを利用するのが手軽で便利です。
ブイキューブ株価の確認と同時に、株主優待の有無についても調べてみましょう。株主優待とは定められた期日までにその企業の株を一定数保有していることで、ギフト券や食品、割引券などの優待を受けられるシステムです。株を保有しているだけでよい魅力的な制度です。銘柄の購入判断の際には、株主優待についても確認しておくと、投資を楽しめます。
規模の小さい会社や個人事業主が将来のために投資をする手段として、中小企業共済があります。中小企業共済とは個人事業主が廃業したり、会社の役員が退職した時に、掛け金に応じたお金を受け取れるという制度です。
中小企業共済は国の制度ですので、安心して投資をすることができます。また、掛け金は全額所得控除の対象になりますので、確定申告を行う際に、節税対策ができるというメリットを持っており、受け取る際にも所得控除が適用されるため、上手に活用すれば資産を増やすことが可能です。

ページトップへ